備えておこう

best family

自動車の運転をする場合に必須となっている自動車保険で、オススメするのがロードサービスも充実しているチューリッヒの自動車保険です。インターネットを利用して申し込めばお得になるので是非とも利用しましょう。

詳細を確認する

注意すること

best family

自動車を所有し、運転するということは、いつ事故の被害者や加害者になってもおかしくないのです。だからこそ、きちんと自動車保険には加入する必要があり、複数の自転車保険を比較し、検討することで自分に合った安い保険料を知ることができます。

詳細を確認する

自分も相手も守る

best family

手軽に乗れる自転車ですが、自転車保険に加入しておくことが大切です。自分のみならず相手にケガを負わせてしまった場合の賠償金も保証してくれます。いくつかの保険を比較して選びましょう。

詳細を確認する

必要な保険

車両保険の必要性

best family

自動車保険の補償内容のひとつである車両保険とは、自分の自動車(自動車保険の契約車両)の修理費などを補償してもらえる保険です。 例えば、車同士の衝突事故や単独事故で車が壊れた、落書きやいたずらされた、盗難にあった、当て逃げされた、こうした場合の契約車両の修理費や買い替え費に車両保険が使われます。 衝突事故の場合は、相手の対物賠償保険で補償してもらうことができますが、過失割合によっては自身の負担額の方が大きくなる可能性があります。また、単独事故は100%自身に過失がありますし、落書きや盗難などの場合は犯人が捕まらないと賠償してもらえません。 こうした時に車両保険は必要になるため、できれば契約しておいた方がいいと考えられています。

状況によって見直す

車両保険は自動車保険料に大きく影響するため、契約したくないという方もいます。そうした場合は状況に応じて検討しましょう。 一般的に新車(目安としては7年未満)や外車など修理費用がかさむ自動車を所有している場合は契約した方がよく、中古車など乗り捨てるような古く状態が悪い自動車を所有している場合は契約しなくても問題はないとされています。 また、車両保険には一般型やエコノミー型など種類があり、それによって補償範囲が決まり、保険料も変わります。さらに、免責金額の設定によっても保険料に差が出てくるため、自動車所有年数、状態、年式、走行距離などによって、自動車保険の更新時に車両保険を見直すことをおすすめします。